ヘアカラー剤にはジアミンやアルカリ剤が含まれていて、髪を傷めてしまいます。
また、頭皮に付くと強い刺激を与えます。

その為、ヘアカラーの後には、枝毛や切れ毛が増えることもあります。
また、頭皮が炎症を起こすこともあり、頭皮の環境が悪くなることで薄毛や抜け毛の原因にもなります。

ヘアカラー剤自体が直接薄毛の原因になる訳ではないですが、髪や頭皮へ強い刺激を与えることにより、薄毛にもつながります。

ヘアカラー剤を使用する際には、地肌に直接付かないようにすることが大切です。
また、市販のヘアカラー剤は安いモノが多く、安いと薬剤の刺激が強くて、より髪や頭皮を傷めやすくなります。

その為、自分でヘアカラーを行う場合には、
・頭皮に付かないようにすること
・安いヘアカラー剤を使用しない
ということが大切です。

ただ、気を付けていても、自分でやろうとすると頭皮に付いたりします。
その為、美容室でプロに任せた方が安全です。

美容室であれば、頭皮に直接付かないように丁寧にカラーリングを行ってくれます。

また、ヘアカラーを行った後には、頭皮への健康にも気を使いましょう。
・脂分が多い食事を避けて、髪の材料にもなるたんぱく質を多く取る
・しっかりと睡眠をとる
・お風呂ではしっかりと温まる(シャワーだけで済まさない)
・シャンプーの際に、頭皮のマッサージも一緒に行う
といったことが大切です。

こうすることで血行が良くなり、頭皮までしっかりと栄養が届くようになります。

また、シャンプーやリンスにも注意する必要があります。
例えば、アミノ酸系シャンプーを使用するなどして、髪に優しいモノを使用することも大切です。

安い石油系シャンプーだと洗浄力が強すぎて、さらに髪や頭皮を傷つけることにもなるので注意しましょう!